注文住宅を建てる前に!岡山の坪単価の目安

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/16

岡山で注文住宅を建てたい場合、やっぱり気になるのが土地の単価でしょう。土地が安ければそれだけ注文住宅の施工費用にお金を回すこともできます。とはいえ坪単価はかなり地域によって大きく違うため、じっくりと土地探しもしないといけません。一体どのくらいの坪単価だとよいのでしょうか。ここではそんなポイントについて見ていきます。

岡山の土地相場について知っておく

岡山のような地域は実に地域差が激しいことはまず知っておきましょう。東京などの地域だと県内全域で土地相場も高いのですが、実は岡山のような地域は場所によってかなり土地相場の格差も激しくなってきます。

たとえば、岡山市内は一番土地単価も高いところであり、1平方メートルで数十万円するなんてことも珍しいことではありません。岡山市内には近隣から人が集まりますから、これくらい高くなってしまっても仕方ないことでしょう。とくに中心部ともなると軽く坪単価が100万円を超すなんてこともあります

一方、他の地域は一気に土地相場も安くなってくるのが特徴です。他の街は規模も一気に小さくなりますし、土地も一気に見つけやすくなるのでかなり便利です。とくに山間部ともなればほぼタダ同然で物件購入ができることすらあります。山間部の物件とはいっても主要道なども走っているところが多いので、そこまで通勤で困ることもないでしょう。

東部の山間部の土地だと坪単価が1万円を下回るところも決して珍しいことではありません。これだけ安ければいうことないですが、実際にゼロ円でもよいから譲りたいという人も多くなっており、交渉すると実はタダでもらえる土地も結構あったりします。とはいえ、こうした土地はかなり注意点も多いですから、実際にもらい受ける際には気をつけておくべきことも多くなっています。

激安な土地をもらい受ける場合には

激安な山間部の土地をもらい受ける場合には贈与税がかかることに気をつけないといけません。実際、不動産屋にいくとゼロ円でもいいから引き取って欲しいという山間部の物件をいくつか見つけることができます。とはいえ、ただより高いものはないもので実はこうした物件は贈与税がかかってきます。

山間部の物件は市場価値がほとんどないとはいえ、固定資産税の評価額自体は昔のままで高いのでそれだけ贈与税も高くなってしまいかねません。300坪もするような土地をもらい受けると贈与税だけで100万円以上掛かるなんてこともザラです。だからこそしっかりと税金に関する事項については見ておく必要性があります。

さらにこうした山間部の物件は近くに学校などもなく子育てといった点でも困ってきます。注文住宅を建てる際にも、近くに業者さんがなくて利用しにくいこともあるでしょう。こうしたデメリットもありますから、選ぶ際にはいろいろと注意しておく必要性があります。他にも、田舎の物件は人間関係が面倒といったこともあるかもしれませんし、何かと不便なこともあるでしょう。

このような思わぬ難点があるため、市場価値もほとんどなくなってくるのです。このようにいろいろと難点もあって困ってしまうかもしれませんが、実際に購入する際にもしも困ったらまずは近くの不動産屋に相談してみることもおすすめしておきます。

不動産購入時に他にも知っておきたいことについて

上記で紹介した坪単価はあくまで平均です。もっと安い・高い土地ももちろんあります。大事なことはじっくりと値段交渉をして割安価格で買うことでしょう。よい土地を安く購入できれば注文住宅施工費用に充てられます。実際、こうしたご時世ですからちょっとくらいまけてもいいから早く引き取って欲しい、という人が多くなっています。

値段交渉等も業者さんにおまかせすることもできますから、こうした点でも心配いりません。もしも安く物件を購入したいならばいろいろと土地も見てみましょう。掘り出し物が時には出てくるものですから、土地選びには時間をかけておくと何かとよいことが起こります。もちろん、注文住宅業者さんが自前でよい土地を持っていることもありますから、最初に注文住宅業者さんに聞いてみるのもよいでしょう。

ちなみに、注文住宅に向いている土地には特徴もあります。たとえば、土地の広さはできるだけ広くしたほうがいろいろなアイデアを活かせるようになるのでおすすめです。他にも、住宅街にこうした物件を建てるのはあまりおすすめできないことも。奇抜な物件を注文して建てると浮いてしまうこともありますから、少し郊外で建てた方がよりのびのびと自分たちのアイデアを活かすことができるようにもなってきます。こうした点についても業者さんと相談して後悔することなく依頼できるようにしましょう。

 

注文住宅を建てる際にはうまく土地選びもしておきたいところ。あまりにも高い土地になると後悔することもあります。山間部の土地は実に岡山だと安いですから、こうした土地を狙ってみるのもありです。

おすすめ関連記事